れっつ hang out

ひまをつぶしましょう

漫画

絶望したまま生活する:『心臓』

さらっと読めるけど心に傷跡をのこすような漫画に出逢いました。 心臓 (トーチコミックス) 作者:奥田亜紀子 発売日: 2019/07/24 メディア: Kindle版 結構前から気になってたんですが、なんとなくスルーしていた作品。 取引先からAmazonギフト券をもらったの…

ルーティーンワークの孤独:『オールドファッションカップケーキ』

私はまったくもっていわゆるparty people略してパリピではない、のですが 今年の夏はフェスもなければ花火大会も縁日もない、そのことに非常に憂鬱になっていて大変気分の晴れない日々を過ごしています。 別に毎年海辺でBBQしていたわけでもキャンプに繰り出…

生まれてくるとこ間違えたねって:『マイ・ブロークン・マリコ』

昨日書店でデザイン技工に関する棚をぼーっと見ていて、そこに『新しいコミックスのデザイン』という本があり、手に取りました。 新しいコミックスのデザイン。 発売日: 2020/06/23 メディア: 大型本 表紙の山本さほさんの絵に惹かれて読んでみると、このブ…

架空のお葬式と現実の葬式

今月の上旬に、父方の祖父が亡くなりました。 二十数年前に曾祖母が立て続けになくなって以来、本当に久しぶりに葬儀というものに参列しました。 はるか昔に参列したその曾祖母の葬儀は、幼かったこともあって記憶が断片的です。したがって自意識のはっきり…

のんきなおじさんになりたい:『水は海に向かって流れる』

常々思っていることに、「のんきな大人になりたい」というのがあります。 見方によってはすでにじゅうぶんのんきな大人になってるのかもしれませんが、自分の理想とする”のんきな大人”の見本のような人を目にすると、私はまだまだ肩の力が抜けきれてないなぁ…

美と偏見と価値観:『ララバイ・フォー・ガール』

美容系の会社に転職して1年が経ちました。 三十路目前独身女性となった私は、中学や高校の頃のようにファッションに興味があるわけでもコスメに関心があるわけでもなく、いつも同じ髪型で休みの日はスッピンでいつも同じユニクロか無印良品の服を着ています…

人との関係性と食事:『セッちゃん』

日比谷シャンテの3階にある本屋「日比谷コテージ」が好きです。 今年の冬の終わりくらいに、日比谷で映画を観ようとチケットを買って、開場前の暇つぶしに日比谷コテージをふらついていた時手に取った漫画がずーっと意識の底からはがれ落ちずにひっそりと佇…

生活水準と愛と幸せについて:『ワンルームエンジェル』

私はたまたま中流家庭に一人っ子で生まれて、たまたま父が大企業に勤めていて、 両親ともそこまで浪費家でもなく、子供にまあまあなんでもやらせてまあまあ何でも買い与える人たちだったので、 生活にこれといった不自由は感じませんでした。 小学校の頃も、…

『チーズ・イン・ザ・トラップ』

2019年最初のエントリです。遅くなりましたがあけましておめでとうございます。 昨年末から夢中になって読んでいた漫画が『チーズ・イン・ザ・トラップ』! 徹夜で読み進めるほどハマりました。 チーズ・イン・ザ・トラップ(1) 作者: soonkki 出版社/メーカ…

ただじゃ起き上がらない:『来世は他人がいい』

小西明日翔先生に完全にどハマりしてます。なんて面白い作品を描くんでしょう。素晴らしすぎます。 来世は他人がいい コミック 1-2巻セット 作者: 小西明日翔 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/07/23 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 主…

罪悪感と胸騒ぎと恋と愛情:『春の呪い』

ずーっと前から本屋で表紙を見るたびに気になっていたのに、なかなか読まずにいた作品をついに読みました。 繰り返し読み終わるたびに「いい話だなぁ」と声に出してしまうほど好きな作品でした、小西明日翔『春の呪い』。 春の呪い コミック 全2巻 完結セッ…

文壇バトル漫画?:『響 〜小説家になる方法〜』

昨日近所の本屋さんで試し読みしたら面白くてその後一気読みした漫画を記録しておきたいと思います。『響 〜小説家になる方法〜』。 響?小説家になる方法? コミック 1-9巻セット 作者: 柳本光晴 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/04/27 メディア: コミ…

28歳無職:『凪のお暇』

面白い作品に巡り合いましたよ。 凪のお暇 1 (A.L.C.DX) 作者: コナリミサト 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: 2017/06/16 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 主人公の大島凪28歳は、前の職場で精神の均衡を崩し最終的には過呼吸に陥って退職…

『1122』

前の職場を退職して3週間くらいが経ちました。 ニート生活がこんなに天国なのは、いい漫画、いい映画、いいアニメ、いいゲーム、いい本などなど、いい作品が世の中に溢れているからに他なりません。本当に、全てのクリエイターに感謝します。 そんなニート生…

今一番オススメしたい漫画:『デビルズライン』

あまりに面白い作品に出会うと、寝食を忘れて没頭してしまいます。 それくらいのめり込む作品に出会いました。 デビルズライン(1) (モーニングコミックス) 作者: 花田陵 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/09/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブ…

『サトコとナダ』

私は来月28歳になる、かなりいい年こいた成人女性なのですが 生まれてこのかた日本国の外に出たことがありません。 ここ数年で飛行機嫌いを克服し、北海道や沖縄や奄美大島などには出かけたのですが 所詮は同じ国、大きなカルチャーショックは経験したことが…

『違国日記』

読んだら胸がスッとする漫画に出会いました。 胸がスッとするというか、頭の中が少しクリアになるというか、そういう感じ。 違国日記(1) (FEEL COMICS swing) 作者:ヤマシタトモコ 発売日: 2017/11/22 メディア: Kindle版 あらすじは以下。 「へんな人と …

肉体関係と人間関係と性産業と:『目を閉じても光は見えるよ』

新年明けましておめでとうございます。 大晦日から元旦へ向かう午前0時を跨いですぐ、なぜかBL漫画をダウンロード購入して読んでいました。 年明けから読み応えのある良作に出会えました。 目を閉じても光は見えるよ (ドットブルームコミックスDIGITAL) 作者…

まさかの想起:『クジラの子らは砂上に歌う』と天下り

以前、登場人物「オウニ」のかっこよさについて綴った梅田阿比『クジラの子らは砂上に歌う』のアニメ最新話を見て これまでと全く違うことを考え、自分でその思考にちょっとびっくりしたので記録したいと思います。 letshangout.hatenablog.com 先日放送され…

こんな世界はもうどうでもいい:『クジラの子らは砂上に歌う』

現在放送中の梅田阿比原作のアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』は イラストも音楽も素晴らしく美しい作品です。 クジラの子らは砂上に歌う Blu-ray BOX 1 発売日: 2018/01/26 メディア: Blu-ray 先月から放送開始されたばかりなのですが、第3話のある一場面…

至上の愛。:『イトウさん』『I-イトウさん2-』

素晴らしいラブストーリーに出逢えました。 イトウさん (EDGE COMIX) 作者:冥花すゐ 発売日: 2017/09/15 メディア: Kindle版 I-イトウさん 2- (EDGE COMIX) 作者:冥花すゐ 発売日: 2018/01/12 メディア: Kindle版 胸のあたりがキュッとして、切なさで涙がこ…

『それでも町は廻っている』

とにかく笑えて、ちょっと萌えて、最後にほろりと泣ける素晴らしい漫画が 石黒正数『それでも町は廻っている』、通称”それ町”です。 それでも町は廻っている(1) (ヤングキングコミックス) 作者:石黒正数 発売日: 2013/11/01 メディア: Kindle版 丸子町と…

愛の怖さとマイノリティ:『にいちゃん』

表紙からインパクトのすごい漫画『にいちゃん』。 にいちゃん (Canna Comics) 作者:はらだ 発売日: 2017/04/28 メディア: コミック 「鬼の話かな?」と思うようなすごい配色です。ストーリーは、確かに鬼といえば鬼。いや、人間の話ですけど、鬼がかってると…

心に灯るあかり:『雑草たちよ大志を抱け』

『プリンセスメゾン』ですっかりファンになった漫画家・池辺葵さんの短編集がこれまた素晴らしい。 雑草たちよ 大志を抱け (フィールコミックスFCswing) 作者:池辺 葵 発売日: 2017/02/08 メディア: コミック 切ないけれど、優しい気持ちになれる作品です。 …

読むのがつらい、でも読みたい『メイドインアビス』

今年の夏アニメでかなり完成度が高い『メイドインアビス』。 続きが気になって先に原作を読みまして、あまりの衝撃に1週間くらい感情が塞ぎこんでしまいました。 メイドインアビス 1-6巻セット 作者: つくしあきひと 出版社/メーカー: 竹書房 メディア: セッ…

『Life 線上の僕ら』

将来に対しての葛藤を描くボーイズラブ作品を読むたび 私も男性に生まれて、男性の恋人を持ちたかったなぁと考えてしまいます。 Life 線上の僕ら (花音コミックス) 作者:常倉三矢 発売日: 2017/04/14 メディア: Kindle版 手持ち無沙汰でなんとなく購入し…

物語と自分の在り方:『親愛なるA嬢へのミステリー』

なんとなく表紙につられて読んでみた漫画に、思考を引きずられています。 親愛なるA嬢へのミステリー(1) (KCx) 作者:モリエ サトシ 発売日: 2017/03/07 メディア: コミック 本好きで、気がつけばいつも物語の世界に浸っている少女・綾乃と、わけあって断筆中…

いがわうみこさんの漫画が面白い

たまたま目に止まって、なんとなく読んだ漫画が面白いと嬉しいです。 あれがいいこれがいい (FEEL COMICS) 作者:いがわうみこ 発売日: 2013/12/09 メディア: Kindle版 『あれがいいこれがいい』は、ちょっとDQNな高校生たちを中心とした短編の連作なのですが…

『あなたのことはそれほど』

自分の好きなシナリオライターさんのtwitterを見ていたら、とあるテレビドラマの実況が盛り上がっていました。 火曜日の夜10時〜TBSで放送しているという『あなたのことはそれほど』。 [新ドラマ] 「結婚相手は人生最愛の人ですか…!?」 火曜ドラマ『あなたの…

女に生まれたのは私のせいじゃない、『13月のゆうれい』

このエントリは少し時間をかけて書きました。 というのも、『13月のゆうれい』第1巻を読んで、思わず書き連ねたもののまとまらず、下書きフォルダで長いこと塩漬けになっていたのです。それが前半です。 そして先週末、第2巻を読んで、ああ続きを書きたいと…