れっつ hang out

ひまをつぶしましょう

私にとっての山本文緒(2):『ブラック・ティー』

前回からの続きです。 中学時代も何冊か山本文緒作品を読んでいて、なかでも好きだったのが『ブラック・ティー』でした。 ブラック・ティー (角川文庫) 作者:山本 文緒 KADOKAWA Amazon こちらは軽犯罪をテーマにした短編集です。 一話目に収録されている表…

私にとっての山本文緒(1):『絶対泣かない』

先月作家の山本文緒さんがお亡くなりになりました。享年58歳。 ネットニュースの記事は10月18日発表のものが多いのに、私が訃報を知ったのはなんと昨日、11月13日でした。 11月13日は山本先生のお誕生日で、たまたまinstagramのタイムラインで目に止まった山…

地べた社会の労働者:『ワイルドサイドをほっつき歩け ハマータウンのおっさんたち』

ノンフィクションでこんなに面白い本を読んだのは久しぶりかもしれません。 ワイルドサイドをほっつき歩け --ハマータウンのおっさんたち 作者:ブレイディみかこ 筑摩書房 Amazon 現代英国の労働者階級社会で生きる著者とその家族・友人たち(主にベビー・ブ…

わかってもらえない苦しさ:『王様ランキング』

久々に声出して号泣したアニメ『王様ランキング』。 第一話 裸の王子 Amazon 1話目から、観るの辛いなぁと感じていたんですが、2話で完全に涙腺崩壊しました。 あらすじは以下。 国の豊かさ、抱えている強者どもの数、 そして王様自身がいかに勇者のごとく強…

いつかは向かう場所:『今日はヒョウ柄を着る日』

前の職場は県職員や銀行・新聞社などの天下り先として機能していたので、還暦を過ぎたじいさんがゴロゴロいました。 ケチなじいさんは偉そうに講釈をたれるだけだけど、そこそこ気前がいいじいさんだと、ちょっとしたことでうな重を奢ってくれたりしました。…

病気と健康のはざまで:『シュガーレス・ラヴ』

このブログで既に何度も書いていますが、山本文緒さんの小説が本当に面白くて大好きです。でも全部読んでるわけではないんですよね。 Amazonであらすじを読んで、ああ未読だなと思ったやつを気まぐれにポチりました。そして期待を裏切らず、やっぱりすこぶる…

ダンスミュージックで天下泰平:『パリピ孔明』

最近踏切に飛び込むイメトレとかしてしまう31歳です。 飛び込まないですよ。多分・・・。 コロナのワクチンは2回接種し終えたけど、それとは関係なくずっと体調が悪くて毎月何かしら通院しているし、 仕事は相変わらずクソだし、 体調悪いからお酒もたいして…

視界のひらけかた:『ブルーピリオド』

最近ひたすら読んでた漫画が山口つばさ『ブルーピリオド』。 読めば読むほど自己を内省したり過去を反芻したり、思うことがたくさんある作品でした。 ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス) 作者:山口つばさ 講談社 Amazon Amazonの無料セールで読…

この人のために:『メイドの岸さん』

どこかの家の住み込みメイドになりたい願望があります。 メイドの岸さん(1) (マガジンポケットコミックス) 作者:柏木香乃 講談社 Amazon Amazonの1巻無料セールを久々に覗いたら、面白い漫画にたくさん出会えました。 その中の一つが『メイドの岸さん』。…

物語に寄り添うかっこよさ:tricot「いない」

『春の呪い』がドラマ化されていまして、ドラマは観ていないんですが、ドラマ主題歌のtricot「いない」がとても良いです。 J-WAVEの土曜朝の番組『RADIO DONUTS』のゲストでヴォーカルの中嶋イッキュウさんが出演していて、その時は寝ぼけた意識できちんと聴…

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』を観ました

韓国で「『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んだ」と言った女性芸能人が、写真を燃やされたりネット上でバッシングを受けたりSNSが炎上したりしているそう。何それ怖、って感じです。 私は原作小説は読んでませんが、今しがた映画を観ました。 82年生まれ、キ…

死に際に立ち寄りたい場所:『光の箱』

不思議な読後感を味わえる漫画に出会いました。衿沢世衣子『光の箱』。 光の箱 (flowers コミックス) 作者:衿沢世衣子 小学館 Amazon 表紙が可愛くて手に取ったのですが、なかなか味わい深い作品でした。 この世とあの世の狭間の世界に存在するコンビニエン…

岸本佐知子さんの爆笑エッセイ『ひみつのしつもん』

明るい作品をもう一つ。 ひみつのしつもん (単行本) 作者:岸本 佐知子 筑摩書房 Amazon 翻訳家・岸本佐知子さんはエッセイストとしても有名らしいのですが、お恥ずかしながら全然存じ上げませんでした。 表紙がかわいいな〜とたまたま手にとってパラパラ流し…

登場人物全員かわいい『恋と呼ぶには気持ち悪い』

昨日書いたエントリが暗かったので、今日は明るい作品について語りたいです。 恋と呼ぶには気持ち悪い Blu-ray Vol.1 小坂井祐莉絵 Amazon 今期観ているラブコメディアニメ『恋と呼ぶには気持ち悪い』! 初回から笑わせてもらって、すっかり作品のファンにな…

女性の貧困と性犯罪被害、「一人で大丈夫」であること

『美しい彼』で好きになった作家・凪良ゆうさんが2020年本屋大賞を受賞したベストセラー小説『流浪の月』を(今頃)読みました。 流浪の月 作者:凪良 ゆう 東京創元社 Amazon 小学生女児・家内更紗9歳は、最愛の父を病気で亡くし、夫の死を引き金に色に溺れ…

『なぎさ』

面白い小説を読みたいとき、期待を裏切らない作家が山本文緒大先生。 『なぎさ』を読みました。やっぱり、すごく面白かったです。 なぎさ (角川文庫) 作者:山本 文緒 発売日: 2016/06/18 メディア: Kindle版 本を手に取りパラパラ目を通すと、目についたのは…

自分を守るために:『1%の努力』

ひろゆき『1%の努力』、何かがすごく役に立ったわけではないけど、色々と思うところがあった書籍でした。 1%の努力 作者:ひろゆき 発売日: 2020/03/05 メディア: Kindle版 帯にあるような「頭のいい生き方」については、正直どの辺が頭がいいのかよくわか…

忘れられない:『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

大事なことなので最初に書きますが、このブログは全ての記事がネタバレだらけです。 私自身がネタバレを全然気にしない性質なので。 でも、この映画はできれば前情報無しで観た方がいいなと思いました。 それが『シン・エヴァンゲリオン劇場版』です。 www.e…

現世に希望のない人に:『無職転生 ~異世界行ったら本気だす』

今月31歳になります。 他人が病気や事故で31歳で亡くなったら「まだ若かったのに」と思いますが、 自分が31年生き延びたことを振り返ると「なんて長い人生だろう」と感じます。 コロナ禍で自宅に引きこもっているせいなのか、仕事がつまらないからなのか、 …

集中力と才能:『左ききのエレン』

「明けましておめでとうございます」って年明けていつくらいまで使うんでしょう。 明けましておめでとうございます。 2021年も相変わらず大変な世の中で、ニュースで首都圏の感染者数を耳にするたびに外出するのがますます億劫になります。 10代の頃からイン…

金はひねくれたシワをのばすアイロン:『パラサイト』

先日、帰宅途中に怖い場面を見ました。 平日夜の帰宅ラッシュだったのか、人の往来が激しい駅の出口付近で 推定40代くらいの女性がうっかり前方を歩いていた年齢不詳の男性の踵を踏んでしまったのです。 するとその踵を踏まれた男性はものすごい勢いで女性を…

絶望したまま生活する:『心臓』

さらっと読めるけど心に傷跡をのこすような漫画に出逢いました。 心臓 (トーチコミックス) 作者:奥田亜紀子 発売日: 2019/07/24 メディア: Kindle版 結構前から気になってたんですが、なんとなくスルーしていた作品。 取引先からAmazonギフト券をもらったの…

『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』

村上春樹『海辺のカフカ』が本当に好きなんですが、紙の本を所有するのがイヤで図書館に借りに行きました。 その時ついでに手にしたエッセイが面白かったです。 サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3 作者:村上 春樹 発売日: 2012/07/09 メディア: ハードカバー…

調子が悪くても:『夢も見ずに眠った。』

最近精神的に調子が悪いです。 仕事でミスが続き、いつも時間に追われている心地がしてイライラし、何をしても楽しくない。 季節の変わり目だし、このご時世だし、不調の原因を考え出したらキリがないですね。きっと同じような方は世の中にたくさんいるだろ…

ひとに勧めたくなる映画:『恋人たち』

お盆ですが猛暑のニュースにビビって家から出る気が起きない30歳の夏。 暇なときGYAOの無料映画欄をのぞくのですが、今とてもいい映画やってました。橋口亮輔監督作品『恋人たち』。 恋人たち 発売日: 2016/09/07 メディア: Prime Video 今月30日までGYAOで…

ルーティーンワークの孤独:『オールドファッションカップケーキ』

私はまったくもっていわゆるparty people略してパリピではない、のですが 今年の夏はフェスもなければ花火大会も縁日もない、そのことに非常に憂鬱になっていて大変気分の晴れない日々を過ごしています。 別に毎年海辺でBBQしていたわけでもキャンプに繰り出…

生まれてくるとこ間違えたねって:『マイ・ブロークン・マリコ』

昨日書店でデザイン技工に関する棚をぼーっと見ていて、そこに『新しいコミックスのデザイン』という本があり、手に取りました。 新しいコミックスのデザイン。 発売日: 2020/06/23 メディア: 大型本 表紙の山本さほさんの絵に惹かれて読んでみると、このブ…

夏の黎明:AAAMYYY「Leeloo」

AAAMYYYはここ数ヶ月気になっているアーティストです。 私が彼女を知ったのは結構遅くて、今年の1月にTENDREのライヴでキーボードとコーラスをやっているのを観てからでした。 ステージ上のAAAMYYYは独特の声と舞台映えする白い肌が印象的でした。 ライヴの…

なんだってマーケ:『ぼくは愛を証明しようと思う。』

大学で専攻した心理学は、そこそこ面白かったですがあまり夢中にはなれませんでした。面白かったなーってだけで、卒業したあと生活に役立てることもなかったし、学んだ知識もぼんやりとしか記憶に残っていませんでした。 だからびっくりしたんですが、藤沢数…

熱い情念:「死ぬのがいいわ」

藤井風のアルバムが本当に本当に良すぎて言葉を失うくらいなんです。 HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD) アーティスト:藤井 風 発売日: 2020/05/20 メディア: CD 「優しさ」のイントロを初めて聴いたときの時の止まるような感動もとても忘れがたいのですが…