読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れっつ hang out

ひまをつぶしましょう

自信は無いよりあるほうがいい:『ガーリッシュナンバー』

今年ももうすぐ終わり、ひいては今年の秋アニメも続々と最終回を迎えていますね。

今期はとても優れた作品が多く、毎日とても楽しかったです。

そんな中、意外にも心に残った作品が『ガーリッシュナンバー』です。

新人声優・烏丸千歳が、業界と時代の荒波に揉まれながらも奮闘する、いわゆる”働く女の子”アニメです。

名作『SHIROBAKO』を始め、アニメ業界を舞台にしたアニメはこれまでにもありましたが、

この『ガーリッシュナンバー』は何と言っても主人公・千歳のふてぶてしさが圧倒的です。

その他にもクズなプロデューサーやテキトーなノリの社長が出てきたりと、全体的に人間臭さが前面に出た作品です。

***

都合の悪いことは社会のせい・他人のせいにして、自分の努力不足は棚上げの千歳。

兄であり元声優のマネージャー・悟浄くんにボロクソに言われても自分を省みることのない唯我独尊っぷりは、最初はクズすぎて全然好きになれませんでした。

作品自体は、どこまでもクズな千歳と能天気なプロデューサーや社長たち、そしてそれに振り回されるスタッフたちや呆れるキャストたちのテンポのいいやりとりが、単純にギャグアニメとして面白かったのです。が、

仲間たちがどんどん新たなステージへ進んだり、後輩声優・桜ヶ丘七海が台頭してきたりして、自信過剰だった千歳が焦りと絶望でふさぎこんでいったくだりでは、ストーリーに引き込まれていきました。

声優としての力量はまずまずの千歳ですが、無駄に溢れる自信のおかげで肝はすわっており、ステージイベントや生配信の仕事でも誰よりも落ち着いていた千歳。

性格に難ありだと誰もが思っているけれど、そんな千歳の図太い神経に救われていた面もあったと思い返す声優仲間たち。

そして最後には、兄であり元声優として挫折を経験したマネージャー・悟浄くんの励ましがあり、千歳は徐々に立ち直り、改めて声優として邁進していく決意をします。

「無駄な努力はしたくない、だけどみんなにちやほやされたい、1番になりたい」・・・私利私慾まみれの千歳が、ふてぶてしくて図々しくて仕方ないと思っていた千歳が、とても共感出来る等身大の女の子として見られました。

***

私は自信がないフリをして、自分を過剰にこきおろしたり卑下したりすることが多々ありました。

実際今の仕事に関しては本当に自信がないし、人と話すこと、頭の良さ、器量の良さ、全てにおいて自信がないです。

もちろん努力も大嫌いだし、そのくせ本当は認められたい、ちやほやされたら内心嬉しいです。

でも、そうして図にのるのも恥ずかしい、控えめな方が害がないって、なんとなく思って過ごしてきました。

けれど、違うんです。

自信が全然なくてふさぎ込むようなことばかり口走るよりは、図々しくてふてぶてしくても自信満々な方が100倍マシだと思います。

だって、卑下されたところで、何も生まれないですから。

***

職場で隣の席の女性課長は40代半ばにして独身です。

仕事はとても頑張ってるしそれを周囲も認めているし、慕っているスタッフも多いし、友達も多いし頭もいい方なのですが、

本人は控えめで自信のないような物言いをしばしばする人です。

特にクリスマスが近いここ数日は非常にナーバスで、「私なんて・・・」みたいなことを頻繁に口にしています。

私だって独身だし彼氏もいないし、それどころか仕事も大してできないし友達もいないし慕ってくれる仲間さえいなくて村八分の四面楚歌ですが、

それを嘆いたところで何か素敵なことが生まれるわけでもなし、クリスマスは1人でも十分楽しいです。

冬のボーナスも貰えたし仕事も暇でやっと有休消化にくりだせるし、今の状態が結構いいかもと思うときもあります。

自信のなさをうじうじ嘆きふさぎ込むよりは、根拠がなくても自分を信じて笑っている方がずっといいです。

そういう事実を思い出させてくれる作品が、この『ガーリッシュナンバー』なのです。

辛いことがあったり、嫌なことがあったり、自分に自信がなくなった時は、

このアニメを見て千歳や九頭Pたちと一緒に「勝ったな、ガハハ」と笑ってみると良いでしょう。おわり。