れっつ hang out

ひまをつぶしましょう

山本文緒 の検索結果:

私にとっての山本文緒(2):『ブラック・ティー』

…。 中学時代も何冊か山本文緒作品を読んでいて、なかでも好きだったのが『ブラック・ティー』でした。 ブラック・ティー (角川文庫) 作者:山本 文緒 KADOKAWA Amazon こちらは軽犯罪をテーマにした短編集です。 一話目に収録されている表題作「ブラック・ティー」は、無職の女性が山手線の忘れ物からお金を抜き取り都心で暮らしている話で、子供心に「働かなくても一人で生きていくこともできるのか」と印象的でした。 彼女は最初から盗人ニートだったわけではありません。学校を出て就職…

私にとっての山本文緒(1):『絶対泣かない』

先月作家の山本文緒さんがお亡くなりになりました。享年58歳。 ネットニュースの記事は10月18日発表のものが多いのに、私が訃報を知ったのはなんと昨日、11月13日でした。 11月13日は山本先生のお誕生日で、たまたまinstagramのタイムラインで目に止まった山本先生アカウントの投稿が、故人を偲ぶ感じのテキストだったので「・・・え?まさか」とGoogle検索したら、ひと月前の訃報記事が出てきてびっくりしました。 なんて間抜けな自分。 いまだに信じがたくて、でも喪失感と悲しい…

病気と健康のはざまで:『シュガーレス・ラヴ』

…度も書いていますが、山本文緒さんの小説が本当に面白くて大好きです。でも全部読んでるわけではないんですよね。 Amazonであらすじを読んで、ああ未読だなと思ったやつを気まぐれにポチりました。そして期待を裏切らず、やっぱりすこぶる面白かったです。 シュガーレス・ラヴ (角川文庫) 作者:山本 文緒 KADOKAWA Amazon 骨粗鬆症や自律神経失調症など、疾患をモチーフにした短編集です。 最初に出版されたのは1997年らしいです(Wiki調べ)。 山本文緒さんの短編集をはじ…

『なぎさ』

…待を裏切らない作家が山本文緒大先生。 『なぎさ』を読みました。やっぱり、すごく面白かったです。 なぎさ (角川文庫) 作者:山本 文緒 発売日: 2016/06/18 メディア: Kindle版 本を手に取りパラパラ目を通すと、目についたのは久里浜の描写でした。 実在する土地をここまで詳細に取り上げた山本作品は珍しいかもと思ったのと、久里浜は私にとってまあまあ馴染みのある土地でもあったので、興味を持ちました。 主人公の冬乃は30代の専業主婦です。 彼女が現在夫と二人暮らしをし…

もう一人の私、もうひとつの人生:『ブルーもしくはブルー』

山本文緒さんの作品は本当にどれも暴力的なまでの面白さだと感服しました。 ブルーもしくはブルー (角川文庫) 作者: 山本文緒 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1996/05/01 メディア: 文庫 クリック: 12回 この商品を含むブログ (77件) を見る ドッペルゲンガーのお話で、ファンタジーと称されていますが、全然ファンタジーという言葉がしっくりこないくらいリアルで怖くて切なくて夢中になりました。 主人公の佐々木蒼子は、愛はないけど金はある夫と結婚六年目の子なし…

自己制御の難しさ:『恋愛中毒』

…パッと購入した小説が山本文緒大先生の『恋愛中毒』でした。 恋愛中毒 (角川文庫) 作者:山本 文緒 発売日: 2002/06/25 メディア: 文庫 私が好きな小説家として真っ先に名前を挙げるのが山本文緒さんです。 小学生で漫画ばかり読んでいた頃、入り浸っていた近所の本屋で棚に飾られていたのが山本文緒さんの作品たちで、ほんの気まぐれで短編集から手を取ったのですが、すっかりファンになりました。 でも全ての作品を読んでいるわけではなく、いつか読もう読もうと思っていたのがこの『恋愛…