読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れっつ hang out

ひまをつぶしましょう

もう二度と会えない事実:『塩狩峠』

私は祖父母を含む親戚一同皆生きており、身近な家族を亡くしたことがありません。 小中高校、大学の同級生や社会人の同期も、今は誰とも会うことはないけれど、亡くなった知らせを聞いたことはありません。 仕事で出会った様々な人も、病気したりすることは…

自己制御の難しさ:『恋愛中毒』

にわかに小説が読みたくなって、Kindleでパッと購入した小説が山本文緒大先生の『恋愛中毒』でした。 恋愛中毒 (角川文庫) 作者: 山本文緒 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2002/06 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 71回 この商品を含むブログ (127…

『五つ星をつけてよ』

先日勤務時間中にこっそり図書館に行き、借りてきた本が面白かったです。 奥田亜希子『五つ星をつけてよ』。 五つ星をつけてよ 作者: 奥田亜希子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/10/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 奥田さんの小説は…

会えない不幸を生きる 『ちょうちんそで』

先週、職場の上司に「おすすめの本何かある?」と訊かれました。 その女性主任は普段はそんなに本を読まないらしいのですが、秋だし、最近涼しくなってきたし、何か読んでみたい気分になっていたのかもしれません。 ジャンルは小説とのことだったので、いく…

包丁で切り裂いた人生の断片『平田俊子詩集』

先日ご紹介したマツモトトモ『インヘルノ』の中に、平田俊子の詩集が出てきました。 さらには引用もされていて、その詩集『ターミナル』は日本全国でも数えるほどの図書館にしか置いていないようでした。 なんだか少し気になって、とりあえず近所の図書館に…

『透明人間は204号室の夢を見る』

久々に面白い小説に出逢いました。 透明人間は204号室の夢を見る 作者: 奥田亜希子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/05/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 奥田亜希子『透明人間は204号室の夢を見る』。 先日東北のとある有名…

『4 Unique Girls』

巷で評判が良かったので手に取ってみた山田詠美さんのエッセイが面白かったです。 4 Unique Girls 人生の主役になるための63のルール 作者: 山田詠美 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/10/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 女性…

『きのうの神さま』

年末年始に小説を何冊か読んでいたのですが、そのなかでとても心に残った1冊がこちら。 きのうの神さま 作者: 西川美和 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2009/04/16 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 47回 この商品を含むブログ (80件) を見る 僻地…

お正月に観たい・読みたい『恋物語 ひたぎエンド』

今年も残すところあと数時間となりました。 年の瀬に、観たいなあと思うアニメがあります。 恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)(完全生産限定版) [Blu-ray] 出版社/メーカー: アニプレックス 発売日: 2014/06/25 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (16件)…

人間の選択の余地について1 『ギヴァー』

この頃、人間が生きていく上でなす「選択」という行為について、考えさせる物語に2つ出会ったので、それらについて書いてみたいと思います。 1つめはアメリカの児童文学で、ロイス・ローリー『ギヴァー 記憶を注ぐもの』です。 ギヴァー 記憶を注ぐ者 作者…

『今池電波聖ゴミマリア』

高校生の頃、私はほぼ毎日「生まれてきたくなかったなぁ」と思っていました。 ものごころついたときからチヤホヤされて、普段の生活で死ぬほど厭なことはありませんでした。 勉強もそこそこ好きだし、クラスメイトも先生もみんな優しくていい人たちで、学校…